ヨーロッパの素材を用いた本物の輸入住宅
トップメゾン株式会社

フリーダイヤル0120-152-102

Quality 建築技術

トップメゾン株式会社 > 家づくりの提案・流れ > Mシリーズのご紹介

Mシリーズのご紹介

Conceptコンセプト

従来の湿式工法では実現できなかった優れた品質をもつ乾式工法「Mブリック・Mストーン」

Mブリックレンガ乾式工法パネル構成材

特許工法を使用した高級レンガによる永久住宅を低価格で実現します

Mブリックシステムは上下に溝加工した本物のレンガを、金属パネルホルダーにスライドし施工する乾式工法です。接着剤などのレンガ貼付剤を一切使用せず、パネルホルダー構造のみで施工。強震でもレンガの剥離がなく、焼き斑のある直輸入の焼成レンガを採用しており、新築当初よりその自然な味わいをお楽しみいただけることは勿論、年月を重ねることでさらに深みを増していく高級レンガの永久住宅として本領を発揮する新しい外壁材です。

Mストーン自然石乾式工法パネル構成材

自然石の色合いで欧州建築を再現し格調高い風格と優れた機能性を実現

天然大理石をタンブル加工と上下に溝加工を設け金属パネルホルダーにスライドさせ施工する工法で、木造住宅に自然石を施すという画期的な商品です。自然石ならではの色調が堪能でき、また貼材を使用せずパネルホルダー構造と目地材のみで仕上げることができ、地震でも剥離がなく、欧風建築を思わせる格調高い住宅を実現します。

Mシリーズの特徴

1.優れた耐久性
多雨多湿の日本の住環境で最も悪影響を及ぼす結露が発生しがたいパネルホルダーを使用することにより、高級感溢れる外壁を持つ住宅が身近な存在となりました。レンガとパネルホルダーの間に空気層を設けることで、高い断熱効果や結露防止を実現します。また構造的にいかなる揺れでもレンガの落下および剥離がありません。外部から浸水してもパネルホルダーに設けた排水口から落水し、本体内部への浸水を防ぎます。
2.強靭な耐震性
パネルホルダーの引っ掛け壁上下を部材の上下溝に噛み入れ、スライドさせて、部材を固定する形状。貼材を一切使用しなくても、家屋が倒壊しない限り、強い揺れや動きによる剥離・落下はありません。在来工法では柱と梁に、2×4工法ではフレーム壁に対して、部材の剛性が完全に一体化され、強力な耐力壁・耐力補強壁となります。
3.快適な施工性
湿式工事よりもはるかにリーズナブルな施工単価で、豪華に演出できます。また、在来軸組工法および2×4枠組工法やいかなる下地にも対応でき、リフォームにも大いに活用することが可能です。Mシリーズに使用されるパネルホルダーの材料ジンカリウムは、アルミニウム、亜鉛などの特殊合金を使用した防錆金属です。傷がついても、カサブタ状になるだけで、その部分から錆・酸化が広がらない特性を持った最高の防錆金属です。溶接部分には特殊防錆メッキコーティングを施し、その耐久性を高めています。